東京大学と日比谷高校

日比谷高校の歴史

日比谷高校が出来たのは、いまから100年以上まえの1878年のことでした。

当時はその名称も日比谷高校という名前ではなく、東京府第一中學という名称でした。

他にも多数の遍歴があり、東京府中學や東京府尋常中學校。

さらには東京都立第一新制高等学校などなど、さすがは100年以上の歴史をもつ学校だけに多くの名称遍歴をもっています。

また1881年には東京府第二中學と合併を果たしています。

東京大学への進学率が全国一位という、有数の進学校であるとともに、文部科学省指定のスーパーサイエンスハイスクールに指定されている学校でもあります。

ちなみに現在の日比谷高校に名称を変えたのは、1945年ごろと言われています。

スーパーサイエンスハイスクールとは、高等学校の教育カリキュラムにおける、理数系の教育に関する教育制度において、より高度な科学技術の研究を行える人材の育成を目的として設立された教育補助制度のことで、自ずとよりハイレベルな教育を受ける事ができます。

東京大学と日比谷高校

日比谷高校から東大へのエスカレーターと呼ばれるほどに、日比谷高校の一校執着体制は常々評価され続けており、

全国1位の進学率を得た今だからこそより、共学高校において最難関と呼ばれる偏差値を誇り、結果としてより多くの優秀な人材が生み出され続けてきました。

第一生命や東芝の社長を歴任された石坂泰三氏や、日本航空の会長および運輸省の鉄道監督局長をつとめられた山地進氏など、

政治・経済・法曹・学者にと様々な分野でその実力を遺憾なく発揮された傑物の多さに、いまさらながら日比谷高校が生み出してきた歴史の重みには驚かされる思いです。

日比谷高校に入学

また、学者の排出からもご理解いただけるように、スーパーサイエンスハイスクール指定校にも選ばれており、科学の分野においても比類ないハイクオリティな研究と研鑚がおこなわれている場所でもあります。

スーパーサイエンスハイスクールというのは文部科学省が制定した就学援助制度のことを言います。

優れた人材の育成を目的としています。